自分に合った歯科に行こうー歯科を選ぶときのポイント

立地条件ー通いやすいところにありますか

歯科医院を選ぶときにまず考えることは通いやすいところにあるかということです。一般的に歯科治療では初診で問診をしたりレントゲンをとったり検査をしたりして、次回以降から治療をすすめていくので、ひと月以上をかけて何回も通うことになります。職場や学校の近く、あるいは自宅の近くで負担にならないような立地条件がよいところを選びましょう。最近は夜遅くまで診察している歯科医院もあるので、診察時間も確認するとよいですね。

一番大事な技術ー医師の腕は確かですか

一番大事なのはやはり医師の技術でしょう。口の中を直接治療していくので、医師の腕は重要です。実際に治療を受けてみて、技術が確かであるか、治療方針やこれから行う治療内容について相談にのってもらえるか、あるいは説明があるか、ということのほかに、こちらの質問に答えてくれるか、自宅でのケア方法を教えてくれるか、ということも医師の信頼につながりますよね。また医師だけでなく歯科衛生士や歯科助手の技術、スタッフの対応もよく見極めましょう。

待ち時間ー予約時間は守られていますか

歯科は予約制をとっているところがほとんどだと思います。予約の時間に訪問して、すぐに治療をしてもらえるでしょうか。多少は治療の状況によって待つこともあるかもしれませんが、あまりに待つようだったり、待つことに対して説明がなかったりしたら、困りますよね。スムーズに治療と会計をしてくれることは、その歯科医院がひとりひとりの患者さんを大切にしていることの証だと思います。歯科を選ぶときには様々な観点からよく見極めて、自分に合った医院を見つけましょう。

根管治療は歯の中にある細菌に感染してしまった血管や神経などを消毒することにより、土台となる歯を残す治療です。